<< 3.11 日本人って、忘れるのが得意なのか? | トップページに戻る | ビックサイト健康博覧会 >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.16 Friday

わかる問題・答えのある問題

このごろ思うのである。世の中を長く生きてくると、世の中って・・・どうしてこんなに次からつぎへと問題が起きてくるのだろうってね。
 そして、我思う。
 湧き出してくる問題の本質からいうと、 ‥えがあるもの ◆‥えがでないもの  答えをつくらねばならないもの
 ・・の三つに分けられるようだ。たとえば(靖国問題)( 沖縄問題)( 原発問題)と数多くありますね。
   と、たいていのものには、,乏催するものが少ないということがわかる。

   日本人というか、日本民族というか、我々のDNAには・・この,髻扱うことには たけているように思える。
   いわゆる学校などでの入試・試験類がこれであろう。
   しかしながら、答えがでないものに対する、情熱・というか、言葉は悪いが「 きちがい 」というに近いような
   思いのたけを異質のものを融合縫合できうるという感覚の持ち主・ひと・・が少ないようである。

   いわゆる、世間でいわれる「変人」であろうか。
   歴史を見ても、変人が歴史を変える・・・・とも言われるゆえんであるし、そういうことも多々あった。
   「 地球は丸いのだ・・・」で、牢屋に入れられる時代・吉田松陰や、橋本左内のような刑死 ・・・いずれも、
   先見の明があった人に課せられた悲劇でもある。が、それも必要だったとしかいえないのては無いか。

  この問題については、また・・・考えておこう。時折つづっておくことにしたい話題である。

 かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂・・・吉田松陰

 若者よ、青年よ・・・あの娘がほしい・・・と思ったあの情熱を、この国にかけてほしいのである。
 もちろん、私も死ぬまで青春なのだから、かけているのだ。蟷螂の斧かも知れぬが・・・・孫の言葉に負けてはならない。「 じいちゃん、あのね、園長先生がね。やればできるんだって言ってたよお・・」
  
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓