<< 女って・・・この年になっても、わからない。 | トップページに戻る | 涙の川を何度かわたり、女は強くなるという・・・ >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.26 Sunday

おなごは、つよいぞ・・! !

栃木のピロール仲間からのメールが届いた。この2日〜3日にかけて、放射能などの勉強会を開催することになって、青森から2名・神奈川県鎌倉から1名・静岡1名・千葉1名などと栃木のピロール仲間・茨城の横山さんが講師を務め不肖、与作さんが・・・・塩害とピロールを語る( 実験中のビデオをお見せしながら )

その主催者でもある松田さんという、恐妻家から( ??? )・・・・のメールだよん。


こんばんは、お世話様です。

7月2日皆さんのお出でを、楽しみにしています。

ところで黒田さん、聞いてくださいよ。
他のうちの台所を大事にしていたら、我が家の米びつが空になっていたのです。

米在庫調べてみたら、昨年からの予約米でギリギリ。
(ピロール米美味いんだからと、あげすぎてしまった)

本日から我が家の食べるピロール米が無いのです。(まだ6月)
「お父さんどうするの」攻められました。

そこで一昨年のピロール米が(古米)3袋くらい在るではないか、「これからそれを食べること。」
家長の権限で、かみさんや家族に宣言しました。(後がこわい)

家族の反応は・・冷たい視線が僕に降り注ぐのです。
というのは、同じ年の古米を長野から頂き(実は田舎では僕がピロール農法しているのを知らない)
精米して食べたところ、くさい!!まずい 実家ごめんなさい。

酸化しているのです。
今回食べようとしている米はさらにそれから数ヶ月経っているのです。(低温倉庫にも入れていない)

しかし背に腹変えられない僕としては、コイン精米機に精米しに行きました。
30kgに300円入れて精米を始めると白米がバラバラ音を立てて出てきました。
恐る恐る、舐めてみると臭くなくて、甘さが残っているのです。

早速家に帰って、3男坊に米を炊かせました。

帰ってきたかみさん、食べてみて 「美味しい」 それから怒りましたわ。

*****************************

黒田さん聞いてください。睦子さんの言葉です。

「こんなに古米になっても、こんなに美味しい米であるピロール農法。
あんたはどうしてこんなにすばらしい物を早く広められないの、黒田さんも
宇野社長も何をしているの。」

黒田さんおなごは強いですね。

終わり・・・・●・大笑いをしてしまったよ。この松田さんの奥様は、男の子3人を育ててこられたのでありますよ。わが家内はおなごを3人・・・・この差が大きいのですよ。
おとこなんて、高校生ぐらいになったら・・・・おふくろというものは、便利屋ぐらいにしか思っていない・・(私も弟とふたり男ばかりだったのでよく分かるのよ )つまり、朝になって、母親にむかっていうのだ・・・・おい、おっかさん・・なんで、昨日のシャツが洗濯してないんだよ。あれほどしておけっていったのに。オレがあのシャツが気にいってるのを知っているだろう・・・なにしてたんだよ・・・どうしてくれるんだ・・・と、マア、こんな調子でお袋さんをどやすのよ。
 そんなこんなが何回かあって、親父がその場に出くわす・・・・おい、与作、これは、おれの嫁じゃぃ !! おまえの嫁ではないワイ。えらそうに命令スルナ・・・・とね。

ということで・・・・奥様が男の子、三人育てるには、母親は強く ツヨクならねば・・・・ならないのであります。これが当たり前なのです。私の母親も、そうでしたよ。「 男ってものは・・・」よく言われましたもの。
 それなのに、ああそれなのに・・・・私も含めてアカン総理も・・・今の男は、なんというブザマな醜態を恥ずかしくもなく・・・・もう、これで筆をおきますわ。睦子奥様、ゴメンチャイ。

2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓