<< 高血圧の数値・・・正常値は ? | トップページに戻る | TPP とは・・ >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.26 Saturday

暑いですね・・

とある書物を読み、思う

人間に生まれ、集団社会で生きていくことは楽じゃない。まわりに能力を認められるまで、居場所を手に入れるのに必死だ。ひとたび自分の居場所を手に入れれば、今度はさらに居心地( ひとつ上の暮らし・地位など)を良くするために必死になる。
 そうするうちに いつしか「居場所を守る為」に生きるようになる。 その為だったら、たいていのことはできるようになり、生き方や信念ですら曲げられるようになる。
 松陰は目の前にある安心よりも、正しいと思う困難を取った。自分が信じている生き方を通すことこそが、心からの満足を得られる生き方だと固く信じていた。
本当に大切にしたい事は何か ? 大切にしたいことのために、今できることは何か ?
その問いのくり返しが、退屈な人生をあざやかに彩る。

 吉田松陰ほどの精神の持ち主は、300年にひとり、ここぞと言うときに出生すればよいのであって、庶民すべてが彼の精神を持つことは不可能であるが、こういう生き方をした日本人も実在したのだという認識と我もその日本人の一人だという誇りをもって、松陰に一歩近づくことも無理だろうが、せめて半歩でもいい、正しいという生き方を取りたいと思う。
 わが師匠も、「今の日本人は目が二つ、ついてはいるがなんにも見えない。これを目明きめくら・・と言うのだよ。」と。 ピロール農法の基礎を発見した寺島博士も左遷指示よりも正しいと思うことを貫いた。奥様が、家族が応援してくれたのだと。ピロール農法の理論づけまで20数年をボランティアで研究していただいた酒井 博士もまた、生活の安心を断り・・「 私は、大きな会社のかごの鳥にはなりたくないのです。やせてもいいから、自由に空を飛べる鳥でいたい・・」と。
 そして、今までも、今もご支援いただいておる諸先輩・博士・学者の方々も、日本が生んだピロール農法を世界に広めようと・・・大切にしたいこと、守りたいことのために、今できることからと・・・日々、研鑽していただいておるのです。感謝感謝崇拝
        平成26年2月吉日
           ピロール農法推進者   ピロール農法研究所 所長 黒田与作
 
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓