<< 友人の他界が・・・ | トップページに戻る | 福井地裁判決について・・・ >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.26 Monday

福井地裁の結論

下記はこのほど出された関電 大飯原発差し止め訴訟の判決文の一部・・・最後の部分である・・・

いままでにはない、判決文である。・・・三権分立が、あやふやになりがちな現状の中、・・・・・金沢高裁もどのようになるのか・・・・・


豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると・・・・マネー資本主義からの退却でもある。



●9 被告のその余の主張について

 他方、被告は本件原発の稼動が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。このコストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。

 また、被告は、原子力発電所の稼動がCO2排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって、福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである。

10 結論

 以上の次第であり、原告らのうち、大飯原発から250キロメートル圏内に居住する者(別紙原告目録1記載の各原告)は、本件原発の運転によって直接的にその人格権が侵害される具体的な危険があると認められるから、これらの原告らの請求を認容すべきである。

福井地方裁判所民事第2部

 裁判長裁判官 樋口英明

    裁判官 石田明彦

    裁判官 三宅由子●
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓