<< 相馬秀夫 さんという・・ | トップページに戻る | 福井地裁の結論 >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.24 Saturday

友人の他界が・・・

同窓生の友人がなくなった。66歳である。サラリーマン人生だった。親父は高校の美術の先生であり、102歳という長生きであったはずだ・・親父もお袋も長生きだから・・おれも・・・・が、彼の話に出ていたものだ。

 60の定年をまたずに退職して、別の会社に就職していたはず・・・・年金生活にはいっていたばかりで・・・ガン になったらしい。一年ぐらい前ゲキヤセしたのを一度見て、驚いた・・・・面影がなくなっており、声を聞くまでわからなかったのだから・・・・まわりも気遣っていたのを思い出す。

 政府は年金支払を75歳にしたいといっているそうだが・・・十数年前に、当時の自民党が デカデカと、「 100年安心な年金です 」と新聞に大きく報じておったのだぞ・・!!

  国家というものは・・・国家権力というものは・・・いつの時代にも、平民をうそでもいいから・・・信じさせるという手段を講ずるものなのだ。それを真に受けるものもよし、受けずに笑うもよし、怒るもよしなのだ。要は、その本人の裁量・頭脳のよしあしによるのだから・・・


わが師匠が・・・32歳の私に述べたのでありました。「 黒田、私なんかになると便りが来れば、新聞を見れば、知人がなくなった。友人が病気だ・・そんなのばっかりでのう・・・さみしいものよ。齢をとるということはのう・・」「 そうですかね・・」「 今にお前のようなアホウでもわかるようになるものよ・・」「 で、師匠は、こういうとき寂しい老後はどのように・・・?? 」「 おおもそうよのう、若かりし頃の楽しいことを思い出しては・・写真など見ながら・・・おっ、あの頃の・・・と、元気を喜びをもつようにしているのだ・・」と。


  家内は、明日の日曜日友達らと山登りの御様子・・・・今までのがたくさん たくさんあるのよ・・・写真ファイル

これを時折眺めて、よろこんでおるわい・・・これがあんがいといいのかもしれない。細井さんに合掌
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓