<< 共感を得る・・・ | トップページに戻る | 孫娘から・・ >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.03.07 Friday

渡辺京二さん・・

とあるブログに・・・「逝きし世の面影」の著者  渡辺京二氏のことが語られている。



●渡辺京二さんはこう説きます。「生きづらい世の中になった原因は高度資本主義の止めどもない深化です。資本主義は一人一人を切り離して消費者にし、生きる上でのあらゆる必要を商品化します。経済的繁栄は貧しさを克服しましたが、人間を幸せにすることには失敗しました。他人と出会い交わり、何かを得てどんな人間になっていくのか、そこに人間の一生の意味があります。」

たしかに、僕らは快適さや便利さに慣れすぎてきた気がします。どこかに満足の線を引かないといけないのではないでしょうか。それを決めるのは我々ひとりひとりです。皆がほどほどの快適さに満足して、底なしの利便性を求めない。「それでは経済の成長はもたらされないよ」との声が聞こえてきますが、これ以上の経済成長って本当に必要なの?人口が減少して、経済が縮小する。そんな近未来の日本社会でも人々は幸福を手に入れるすべがあるのではないか●

  わが師匠の説かれた・・・「 踏みとどまれ !! 」である。
  もっと・・もっと・・のあらゆる欲望を・・・どこかの時点で、「ふみとどまる」ことである。

  昨日ももある知人が・・・尋ねてこられた。一時間あまり話しを聞いた。いわゆる勧誘である。新興宗教の部類であろう・・・80歳にならんとしていると言った。いろいろと話される・・その通りですね。と相槌を打つ私。そして、こう伝えた・・・「 私の師匠が、こう諭されたのですよ。ブッタも親鸞もわが教えというものを人に理解していただくために御金というものを要求はしていないのです・・・あなたが幸せになってもらいたい・・・それを教えることに対して、なんら金銭は要求してないのです。だから、金銭を要求する宗教団体などはまっかな偽者なんです。そんなところに教えを聞きにゆく必要はありませんよ」と。

  知人は、だまって帰ってゆかれました。この御仁、6年ほど前にも同じことでこられたのです。こちらは、同じ話でお帰り願ったのですがね。
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓