<< 日本人を取り戻せ !! | トップページに戻る | 今年もどうぞよろしくお願いいたします >>
2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.01.02 Thursday

知恵がある民族

●日本的なもの」の再認識は当然の帰結  古沢襄
2014.01.01 Wednesday name : kajikablog
日本人が2000年の歴史を持つ伝統文化に回帰するのは単なる懐古主義ではないし、偏狭なナショナリズムでもない。

敗戦で失われた「日本的なもの」を再認識しているのは当然のことである。

近代の歴史をみると敗戦国家はいずれも戦勝国によって自国の伝統文化を否定される苦痛を味わっている。もっと言うなら戦勝国の価値観を強制されて自国の伝統文化を否定する立場に追い込まれている

だが時の経過とともに自国の伝統文化を取り戻している。それは単純な回帰ではない。流れ込んだ新しい価値観を咀嚼しながら、新しい回帰を生み出している。いまの日本はその回帰の過程にある

日本文化は縄文的なものと弥生的なものの二つから成り立っている。支配階級である大和朝廷が仏教など外来文化の導入で積極姿勢をみせる一方で、なお八百万(やおよろず)の神を信奉する多神教が民間で根強く残った。

日本人の二面性は、外来文化を受け入れる積極性と、それを日本風に造り変える特異性を持っている。それが二律背反にならず「和魂洋才」ともいうべき性格を帯びたのは、歴史の中で育まれた日本人の知恵ではないか。”猿真似”が得意な日本と卑下する必要なない。誇るべき日本人の性格ではないか。(杜父魚文庫ブログ)>●

古澤 先生の おっしゃられることがよく理解できます。


2014.07.28 Monday

スポンサーサイト



カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓