2014.07.28 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.17 Sunday

ちょいと笑える話をします・その

このお嫁さんで、女医さんなのだを知ったのは・・・開店からしばらく通って・・・かなり後だったのではないかと・・・
初めは奥様とは思わず、女医さんを雇っているのだとばかり思っていた。
ある日、先生が急なお悔やみで出かけることになったので・・・・急遽、男先生から、お嫁さんの先生が私の口の中に・・・ギリギリ・ガリガリッとの機械をねじ込むときだった。「 ああ、黒田さん、僕・今日はでかけなきゃあ、いかんので・・・◎◎先生に頼んでありますからね。よろしく・・」「 アアッ、先生・・・今日は奥様なんですかあ・・・ああっ・・」まるで、オナゴに逃げられていくような哀れな男のように・・・「 先生、待ってクレッ・・」「 ああ、◎◎先生、黒田さん頼むよ。指示したとおりにやってね・・」が聞こえる。

モチ、この時間になると誰もいないのよ。患者さんはね・・・おれっって、いつも最後のほうなのよなあ・・・。気兼ねなく先生とも内緒話もできるからねえ・・

先生は、そそくさと帰ってしまったらしい。サア・・・手術台( ? )に乗せられた(まな板のコイの心境)与作さんの顔の前にマスクはしているものの、あの奥様の顔が・・いつもより大きく見える。私の顔に近づいているからかいな・・・「 アアッ、こわいなあ・・・ほとんど男先生担当だったからなあ・・・」マスクの中のうすら笑いが見えるようだ・・・そうっと、ささやくのだ。「 黒田さん、黒田さんって、私のこと・・キライなんでしょう・・・」「 ええっ、嫌いだなんて・・・( ガリッの機械の音がするのだよおん・・)」「 だって、私のこと、嫌いなんでしょう・・・おかあさんに・・なにか言ったでしょう・・」「 えぇつ・・そんな・・言いませんよ。奥さん好きですよお・・・」なにせ、武器をもっているのが向こうなのだ・・・
「 はいっ、大きく口を開けて・・・もっとょ・・」「 はいっ、」
男先生のほうがもっとやさしくしてくれるのだよ・・・

 「 痛いですかあ・・」「 麻酔効いてないんじゃないですかあ・・」「 少しぐらいガマン 男でしょ、」「 ああっ、そう一応は・・」「 はいっ、いつもの元気はどうしたのう・・」「 はい、なんで男先生、帰ったのですかあ・・」「 私じゃいやなの・・・」 「 いや、いいですがねえ・・・」立場を逆にしてほしいとこれほど思ったことはない。

 奥様、痛いですか・・・「 ああ、与作先生・・少し、いたいのですがあ・・・」「 奥さん、あの夜よりも痛くないでしょう・・がまんしなくちゃあ・・」そう、言ってやるのになあ・・・クソッ・・・。


と・・この奥様先生が私に逢うと、「 ニタッ・・」と含み笑いをするのにはワケがあるのよねえ・・・。私が奥様を嫌っているのだろうと思いこませる出来事が以前にあったのよなあ・・・。
千稿に書いたように・・・当初のここの男先生、「 痛かったら、左手をあげて・・」が口癖のときがあったのよね。
 それで、もう15年ぐらい前になるかなあ・・・奥様も新婚時代だったはずだ・・・与作さんの担当に、初めて若奥様の女医さんが目の前に・・・始めての対面だった。
「 黒田さん、はいっ・・今日はこういう処置をしますからねえ・・。」「 あれっ、旦那さんの先生は・・・? 」「 主人は、他の用で・・・」「 ああ、そうですかあ・・」当然、いつものとおり、お客様はなくなっている時間帯・・・「 奥さん、奥さんもお医者さんって知りませんでしたよ」「 はい、私の父も兄も歯医者なんですよ・・」「 へえっ、そうなんですかあ・・・。今の男先生とは恋愛ですかあ・・」「 いや、見合いです 」「  ふうん、そうなんすかあ・・・まじめでいい旦那さんですよね・・」「 そうねえ・・有難う御座います。」「 奥さん、男先生って・・・お客様に、痛かったら左手をあげて・・といつも言われていますよねえ・・」
「 はい、そのほうが・・患者さんにも、私らにも分かりやすいからですよ・・・」「 そうですよねえ・・・いい方法だなあ・・って、感心していたのですわ」
「 わかってもらえて有難う御座います。」「 ところで、奥様、先生のあの口癖って、あのときにも出ませんでしたかあ・・・」
「 なに、いつ、・・??」「 ホラ、ホラ、あのときですよ。奥様・・・イタカッタラ・・手を上げて・・って、ついつい言ってしまったんじゃないてすかあ・・旦那さん。・・・」
そのあと、しばらく無言・・・女先生は真っ赤な顔になってしまわれた・・・。
「 なんという、人なんだろう・・・この男は・・という顔の表情・・・機械も止まり、手も止まった。「 アレッ・・・先生どうしたのう・・・と下から覗き込む与作さん・・・」誰にも聞こえてはいないので・・・、私と二人だけの会話・・・真っ赤に耳たぶまでなった奥様先生・・・とってもかわいいかったのだよん・・・。
 イカンナア・・・俺って、・・・しかし、である。ここからが、この奥様のすばらしいところ、( つまりは、私がほれ込んだだけのことはあるおなご・・DNAだなあ・・) 「 はい、そういうことは黒田さんのご想像にお任せします・・」「 ハイッ、今日はここまで・・・」「 途中じゃないんですかあ・・・」「 いいのよ。男先生はここまででいいって言ってたのよ・・」「 ふうん、そうですかあ・ホント・・今日はここまで・・・・あの続きを話したかったのに・・・」

そうしたら、まあ、この人って・・・っな顔をして見つめるのだった。こちらもやんわりと、はんなりと流し目を・・・
 まあ、このこと以来・・トント、奥様は私の主治医からははずされたのだった。マア・しょうがないやろう・・・。
だから、ダカラ・・・奥様は、私の顔を見ると・・・あの含み笑いが出てくるのだよん。
 この男は、主人とは全く違うタイプの男だと・・・。そう顔に書いてある。そうですよ。だけれども、私にとってはあなたの旦那様はなくてはならない先生なので・・・・奥様にしっかりと食事や体調管理をしてもらって元気で健康でいてもらいたいので・・・おつきあいをこれからもどうぞよろしくお願いしますねえ・・・あのときの生まれたばかりのお嬢ちゃん、もはや、中学生・・・・先日も男先生が・・「 黒田さん、娘がよろこんでましたよ。メロンありがとう御座います。何分にも娘の体格が大きくなってしまってねえ・・あまり、大きくなるとお嫁に貰い手がないかと心配してますよ・・」「 小さなときから、大きかったしどちらかというと奥様の性格に似ておられるようてすよね」「 息子は僕に、娘は嫁に似たようです・・」「 まあ、先生、もう少し立てば楽になりますよ・・奥様もお母様もお元気だし、何よりですよ。」「いつも気にかけていただきすみません」「この間も福井の奥様にここの医院のよさを知らせていたら、ここへくるっていってましたから・・よろしくね。なんか、患者さん増やすのは悪いような気がしているのですがねえ・・・でも、奥様がこのごろツメテられるようだから、何よりですよね。」

ということで・・・ちょいと笑える話は おしまい・おしまい。
奥様、手をあげちゃったですかあ・・・。( 分かった人にお願い・・・内緒だよ・・ん。 )僕がまたまたせめられちゃうからねえ・・・黒田さん、あなたって・・・と詰問されそう。コワィィィ・・。
2011.07.17 Sunday

ちょいと笑える話をします。・・その

そういう先生との「出会い」の当日・開店初日のことである。・・・低姿勢で、話をされた。「 先生、私は何箇所もの歯医者さんを歩いてきたんですよ。歯医者の同級生もおりますしね。・・」
 そして、数回通ったころ、・・・この先生の「癖・なくて七クセ というものねえ・・」がわかった。
 「 黒田さん、ちょつと痛みがあるかもしれませんよ。痛かったら、左手を上げてくださいねえ・・」そうなのよ。口を開けているから、声でイタイと言いにくいからねえ・・・なるほど、そういう手があったのかい・・・それにしても、いままでの医者はこういうふうには言わなかったように思ったものだ。
 そして、他の患者さんのところでも、「 はい、奥さん痛かったら、左手を上げてくださいよ・・」との声が聞こえるのだ。
 ふううん・・・。そうかあ・・・、ここで、この意地悪大好きの与作さんの、ピンと来るものが脳裏にひらめいた。
 実は、この医院は、今の先生のお父さんが、やはり歯医者さんをなさっておられたのだが、本当に早くなくなられたらしい・・・今の先生がまだ、子供の頃だったと聞いている。今のお母様がかなり苦労をされて育ててこられたものとお察ししている。・・・・「 お母さん、ご子息の先生の腕前は、本当にたいしたものですよ。私は何軒もの医者を回ってきたものだから、わかるのですよ。まさに、あの息子さんにとって聖職そのものです。僕は尊敬していますよ、」「 まあまあ、黒田さん、そうですかあ・・有難う御座います。亡くなった主人もまじめでそっくりですよ。性格が・・」「 そうでしょうねえ・・・私は本当に宝物を見つけたみたいに喜んでいます。きっと、繁盛しますよ。先生のところは・・・僕のカンは当るのですよ・・」「 まあ、ありがとうございます。身体に気をつけてやってほしいと思っています・・」「 そうなんですよねえ・・・私もそこのところが、少し心配なんですよねえ・・・まじめゆえの根をつめて、仕事をなされるタイプですからねえ・・・あのね、お母さん、もってきた野菜・・ピロール農法というので作ったものです、タマネギも、涙が出ないし、とっても甘いんですよ。キユリもとってもおいしいですから、食べてみてください」「 こんなに、たくさん、」「いやいや、子供さんもおられるし、お嫁さんの奥様もおられるし・・・」「 あの子も、医者の仕事もあるのでねえ・・食事はこのおばあちゃんが主にやってますから・・有難う御座います。」「 とにかく、ここの先生には僕よりも長生きしてもらわないと私がとても困るのですわ・・それには、健康でいてもらわないと・・・・ところで、お嫁さんは、健康そのもののようでなによりですよね。活発な性格のようだし、明るいし・・・あの男先生にはピッタリの奥様ですよ・・お母さん・・」「 ははは、黒田さん、よく見ておられるわねえ・・・しっかりした嫁ですわよお・・あの子にはちょうど・・」「 そうそう、あのぐらいの嫁さんが、いいですよ。男先生をひっぱっていける奥様になりますよ・・・」「 ははは、そううねえ・・ははは」「 このごろは、男は弱いですからねえ・・・お母さんの時代とは全く変わりましたからねえ・・」「 はははは、そうですよねえ・・」
つてなわけで、チョイチョイ・・・自宅にも寄せていただく。時には二人がおられ、お嫁さんが・・・
「 アラ、黒田さん、悪いわねえ・・」「 まあまあ、黒田さん・・・いつもいつも・・」
ちょいとの二人の会話の中に・・・「 うんうん、仲よさそうだし、孫さんとの会話もいいねえ・・・よしよし。」
何分にも、ご家族が丸くいってないと・・・男先生の、仕事に関わるからねえ・・・。「 黒田さんのいただいた野菜は本当においしいわよお・・・」「 はいはい、喜んでいただき、うれしいです。男先生には元気でいてもらいたいですからねえ・・ところで、奥様、(お嫁さんのほう)お料理はお得意なんですかあ・・・。」「 好きよ、食べるのは・・・」「 ああ、そうですよねえ・・それは、割合皆がそうでではないかと・・・」「 うん、お母さんががん張っておられる間はねえ・・・黒田さん。わかるでしょう・・・と覗き込むように・・・ウンゥン・・。わかりますと答えるしかない。このときの、いじわるっぽい顔の表情が・・・気にいっている与作さん。ウン、この嫁はんは、カラカイがいがあるぞお・・・ピンと来た。
2011.07.17 Sunday

ちょいと笑える話をします。その

私は、どうも生まれつき・・・変わった性格なのかもしれません。自分でもそのように思うこともあるのだが・・・・あまり深刻にものごとを考えない。忘れやすい。ものに固執・執着しない。なるようにしかならんわい。・・・いいところはいえばあんまり無いのだが、決断は割合早いし、スパッときるものは切る。

どうにも、直らないのは・・・おなごを喜ばすことと、ちょいと気にいったおなごには意地悪をしたくなるという性格かなあ・・・。まあ、なかなか気にいる女性っていないけれどね。
 そういう中に・・・・・ある人がおりましてね。途中で気づいた方があっても・・・・内緒にしておいてね。

  この与作さんは、子供のころから「 歯 」の性分というかどうもよろしくなくて、歯医者に通うのがとっても多い男なんですよ。まあ、どれだけの歯医者を歩いたか・・・当然同級生の歯医者にも2軒ほどいっているし・・・
 苦労していたときに・・・今から、16年前になるかなあ・・・新規開店のお店ができたのだった。開店のその日に、いったのだった。・・・・若い男の先生だった。 とにかく、いろんな歯医者さんを歩いてきた男なのである。
たいていはその先生の技量が分かるのである。・・・・患者にどう向き合う先生なのか・・・・黒田さん、ゴルフやりませんかあ・・・私は明日の日曜にゆくんですわ・・楽しみでねえ・・・。黒田さん、株やってませんか・・・どこがよさそうですよ・・・。あの政治家、あの市長、あんなのではあきまへんわ・・・すごいのになると、私の顔を見ると休憩時間といって、私だけ応接室に呼び、二人でコーヒーを飲み始める。先生、患者さん、待たしていいんですかあ・・・いいんだよ。またしておけば・・・・いろんな歯医者を見てきた私。
  
さあ、この若い先生はどうじゃろうかあ・・・。私は、前にも書いているのだが・・・商才も、学も無く、財も無いののないないづくしなのであるが・・・・一つだけ才能がある( と自分で思っているだけかも知れませんが・・) 第六感が働くのである・・・カンがいいのだ。・・・・ピン とくるのよなあ・・・。それによると、この新しい店を開いた先生は、「 こりゃあ、いいぞお・・・」と。
そして、今も通っている・・・・私の鋭いカンは、当っていたのでありますよ。今はすごい繁盛ぶりで・・・つい数日前にも・・「 先生、これだけ忙しいともう一人男の先生を入れたら、先生のお疲れが軽減するのではないですかね・・」と打診したら・・・「 そうです。一人入れてもやってゆけるとは思っているのですが・・・」「 なにか、困ることが・・・」「 実は、なかなかいい先生っていないのですよ。黒田さん・・・」なあるほどねえ・・・。
 この言葉には、私もうなづかざるを得ないのだった。「 そうだよねえ・・・そうか、そうなのか・・まあ、先生ほどのとなると、いないでしょうねえ・・・」 「 ええ、なかなかねえ・・・」
私がうなづかざるを得ないというのも・・・ここにこられるお客さんの声を聞けば分かるのですよ。このピロール与作さんの性格からして・・・待合室での必ず、お客さんとの会話を楽しむ・・・ついこの前も、奥様(なるべく女の人と会話をする。たとえ80のおばあちゃんとでもね・・おなごに代わりはないのだ。)私は大野から来ているのよ。遠いけど、ここの先生だけよ・・・原因を見つけて直してもらえたのは、神経が残っていてねえ・・・他の歯医者さんではわからなかったのよ・・・ウンウン、ワカリマスヨ。ここの先生は優秀ですからねえ・・・そう、ここはいつも一杯よねえ・・・一時間待ちは、あたりまえ・・・特に私なんかは、家族づきあいまでしているものだから、いつも後回しにされる・・・かまいませんよ。僕はフリーなんだから、一番あとでいいよお・・・と女の事務員に言うのだよ。「 黒田さん、前のお客さまが手間がかかっておりまして、もう少しお待ちいただくことになりますが、お願いできますでしょうか・・・」と何人もの人にお願いをして回るのだ。これもここの先生の心配りだろうが・・対応を聞いていて、・・・・いいなあ・・・と思ってしまう。先生の優しさが見え隠れするからだろう。遠いところから、こられるのよなあ・・・この前のおばあちゃん、東京から来たというのだ。エエッ、東京から歯を治すために・・・福井まで・・・ホント、おばあちゃん。・・・「 あなた、おばあちゃんといわんといてんか・・・娘がここに嫁いできておってな。
このお医者さんが上手だよって・・・」すごいねえ・・・。ホントとの話だよ。

黒田さん、あの歯医者さんに ピロール農法のマンガ本、おいてあるわねえ・・どうしてなの・・・一番見えるところによ・・・
「 ああ、そうだよ。先生が理解者でねえ・・・置いてもいいですよって、ありがたいですよねえ・・」 ツヅク

2011.06.26 Sunday

涙の川を何度かわたり、女は強くなるという・・・

涙の川を何度かわたり、女は強くなるという・・・水森かおりんの「熊野古道」の歌詞にあるのよなあ・・・
 演歌の歌詞には・・・こころを揺さぶる「 ことば 」が多い 。一生を生きぬいてゆくという積年の間には涙なしではなしえないものであるからだが、・・・・それにつけても、歌詞のおもさというものを一番感ずるのが私は演歌と思うのだ。むかし、「骨まで愛して・・・」という・曲・歌詞があったのですよね。
あの当時、ちょつとオーバーだなあ・・と思ったものだがね。
  先日当地方の 「防災訓練の日」になっていて・・・・部員がかなりの数、集まったのではありますが・・・・ほとんとが老熟の年代ばかりなのである・・・・「 おいおい、このメンバーで、イザというときに間に合うのかいな・・・」「 しょうがないだろう・・・若者が少ないのだからなあ・・・」参加されているあるご高齢の御仁がいわく・・・・もう、女の人にやってもらうようになるだろうよ。
 秋祭りのお神輿も・・・・若者がいないので、姫みこし・・・・なるものも現れているし、このごろの草食系おのこよりも、ハツラツとしたおなごのほうが活気が出ていいかもしれぬ。

 涙の川・・・・そうだなあ、ツライ涙・うれし涙・悔し涙・いっぱい体験すると、そう、強くなれるよね。
 先日も、ピロールのお客様のおばあちゃんが・・・・97歳にて往生された。舅女に亡くなられたお嫁さん( お嫁さんといっても 65才にもなられる)・・・・・黒田さん、このおばあちゃは100歳まで生きてるよ・・って、お医者さんがいっていたものだからねえ・・。つまり、自分のほうが先にまいっちゃうよ・・・・・と言いたかったのよね。

 山奥からお嫁にこられて、40数年・・・この年代は、まだまだ嫁舅の確執が残っていたはずだからして、いろんな「涙」を何度かわたってこられているはずです。ご苦労様でございました。
 昨晩もある女性に、電話をしてみた。・・・いま、なにしてるの。・・・・・読書をしていると。・・・ふうん、
 どんな本なの・・・・直感力をつける・・・・へえっ・・スゴイ本を読むんだなあ。この人の な み だ を見てみたいが・・・
 この人もビー型とのことだ・・・・、いやにビー型が多いような・・・気がするだけかな。
 私の新年でもある、おなごってものは・・かわいい、かわいいものなんですよ。おつきあいができるオナゴさんは、できるだけかわいがってあげたいものなのだ・・・・が、願望かもなあ。
2011.06.24 Friday

こんなにちぃちゃな時からおなごはおなご・・・。

与作さん・・・・もっと、この話・・・書き込んでよ。
見たわよ・・・・わっははは・・。おもしろかった。ウフフ、あなたって、本当・・・ゆかいねえ・・・
おじさん、見たわよ・・・・笑うお嫁さん。

よわったなあ・・・この数日、訪問客が倍増なのよ。今月の最低の、5倍以上がこの3日間・・・つづいており、アップ・・・・どうしましょう・・・。実は、このブログを見ていただておる方って・・・・私と同じ、シャイな方が多いらしくてネ・・・・・・メールで来るのよ。コメントじゃなくてネ。
 これをアップするのもいいなあ・・・と想いつつ、消化不良のまま掲載するのもどうかと・・・思案中。なかなかのお言葉・ご指導・指南話も
もあるのよ。

でも、みんな・・・好きなのよなあ・・・。おとことおなごの話はネ。ついさきほども福井市内に住む、わが親戚のうら若いお嫁さんと・・・・「 みたわ・・」旦那とわらっていたそうだ・・・そうして、うれしそうに笑う。おじさんって・・・・そういう人だったのねえ・・・・という顔つきだ・・・・。だから、こういうおのこなのよ。ついでに、次に書きたい話をチラッと耳打ちしたら・・・・「 ワハハハ・・・・ワッハハハ」と大笑いなのよ。ぜひ、おじさん、書き込んでよという顔だったよ。
 どうして、オレって・・・。おなごの喜ぶ顔を見たがるのだし、カラカウがの好きなのかいな・・・と思ってしまう。たぶんサービス精神が旺盛なのよなあ・・・。

水森かおりんの・・・「 ふたり雨 」「 昴 」をヘッドホンで聞きながら・・・・どうしょうかな・・・と考え中なのだ。明日は、カラオケに行こう・・・絶対に。しかし、かおりんの スバル・・・・いいよお。ますます、この子が好きになってしまうわいな。

わが孫むすめ・・・5歳、お名前は 矢野ゆずは ちゃん・・・・という。ユズの時期なので・・・11月生まれなのよね。ベンネームならぬ、あだ名は「 ユズポン 」・・・・ゆずちゃん・・・というと、ゆずは・・・っていうんだよ・・・と言い直しを命令されてしまう。
 来年春には、ピッカピッカの
一年生なのだ・・・・かなりのご本( ヒラガナの絵本 )を読めるようになってきている・・・・ほうほう、ゆずちゃん、上手に読めるようになってきたね。エライ・エライ。お姉ちゃんもネ・・・おじいちゃんと一緒に、ネンネしてから、とっても賢くなったんだよ。ユズちゃんも、おじいちゃんと一緒に寝るか・・賢くなるぞう・・・。
 ウン、ママと寝るわ。じいちゃん、くさいもの・・・お風呂入ったよ・・・ウン、でも男ってクサイんだってさ・・・。幼稚園の先生に、再教育をお願いしなくっちゃあ・・・。男にもいろいろあるってことを教えてもらわないと・・・将来、この娘・結婚しないかも知れないからなあ。これ以上、人口が減っては国が滅亡するぞい。

 
 
 
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
過去のお話し
月別でどーぞ
話題の整理整頓